あみあみ

大手キャラクターグッズ&ホビーの専門店「あみあみ」

「あみあみ」はキャラクターグッズ&ホビーの専門店として有名な通販ショップです。
2016年にはついにアニメの聖地秋葉原に実店舗をオープンさせており、アニメ・ゲームファンにとって非常に支持の高い店として知られています。

あみあみの実店舗は他に「橋本駅前店」(神奈川県相模原市)の物流センター最寄り駅に2015年から営業しているのですが、そちらはカードゲーム特化の小型店舗となっているため、グッズやフィギュアを求める場合はやはり秋葉原に足を運ぶのがよいでしょう。

あみあみ秋葉原店では新作フィギュアおよび中古フィギュアが中心に扱われており、他にも海外フィギュアやドールといったようなものも定番品となっています。

通販ショップも同様にフィギュアを中心にトレーディングカードやCD、DVD、BDなど多くのアイテムが揃っているので、欲しいものがあるなら一度は足を運んでみてもらいたいお店です。

なお秋葉原店オープンを記念し、初日である2016年4月27日~28日の2日限定で「初音ミク~花色衣~1/8完成品フィギュア」が展示されていました。

取り扱われているフィギュアは「美少女フィギュア」「一般作品フィギュア」「海外作品フィギュア」「ドール」の4分野となっており、かなり珍しい種類のものも品揃えとして並べられています。

人気商品はFate/Grand Orderや初音ミクなど

「あみあみ」はフィギュア界ではかなり大手となっていることから、扱われている品物もかなり広い分野に及んでいます。

人気のラインナップとしては「Fate」シリーズや「初音ミク」「艦これ」といった美少女系が多いですが、女性向け作品の「あんさんぶるスターズ!」や「ユーリ!!!on Ice」といったものも多く取り扱われています。

「ドラゴンボール」や「キン肉マン」といった定番ジャンプ系作品のフィギュアも充実しており、1万円前後の高価格帯フィギュアだけでなく食玩やトレーディングドールなども数多くあります。

通販メーカーとしてはかなり運営がしっかりしており、発送をするときの梱包の丁寧さにも定評があります。
届いたフィギュアやドールに傷や破損がないということも高い評価を得られる要因となっており、届いた品物が写真と実物で異なっていたといったクレームもほとんど発生していません。

何より他社では滅多に扱われていないマニアックなフィギュアが多く扱われているので、手に入れるのが難しそうな過去作品も「あみあみ」ならあるということもよくあります。

その分転売屋から狙われやすいという問題も発生しているようで、今後は悪質な注文を繰り返すユーザーにどう対処していくかということが大きな課題と言えます。

アイズプロジェクト

エヴァやナディアなど美少女系に強いメーカー

「アイズプロジェクト」と言えば、エヴァンゲリオン系の商品を多く手がけていることで知られるフィギュアメーカーです。

完成品として販売されている商品としては、ここ最近では「一騎当千」のキャラクターを扱ったものが多く「孫策伯符」や「柳生三厳」といった人気キャラの水着フィギュアが多く取り扱われているようです。

版権ものだけでなくオリジナル作品も扱っているというところに特徴があり、「クリアアクリルの椅子を使って好きなようにキャラを創作」というようなオファーでフィギュア師に依頼をしています。

同じフィギュアの中にも衣装違いや色違いがあるというのも特徴的で、自分の好みにより近いフィギュアを求めることができるメーカーと言えます。

セクシー系のタイプがやはり最も人気があるようで、「不知火舞」や「キュティーハニー」といったような定番巨乳キャラも数多く手がけています。

キャラカーのミニカーも扱いをしており、憧れの痛車をミニカーとして入手することが可能です。
ミニキャラカーとしては、「らき☆すた」や「シャナⅡ」といった今も根強い人気のあるタイプがラインナップされており、再現度の高さもあってかなりの人気商品です。

一番人気の「アスカ」フィギュアは高値取引も

しかし何と言ってもアイズプロジェクトの本領が発揮されていると言えるのが「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの美少女フィギュアです。

中でも「惣流・アスカ・ラングレー」のフィギュアはどのタイプもかなり評判が高く、現在でも1万円~2万円の高価格帯で取引をされています。

ただ熱狂的なファンの意見からは「造形はよいけど顔はいまいち」という意見もあるようで、他社には見られないような悩ましいポージングやセクシーな衣装が評価をされている一方で、そこまで凝るなら顔の造形にも力を入れて欲しいというのが正直なところです。

他にも同じくエヴァンゲリオンシリーズの中では「真希波・マリ・イラストリアス」や「綾波レイ」のフィギュアは完成度が高いフィギュアとして高値で取引をされています。

現在品薄で入手が困難となっているものとしてエヴァンゲリオン新劇場版の1/6式波・アスカ・ラングレーの制服バージョンがあります。

こちらは制服のスカートの動きが滑らかに再現されており、顔の造形にも相当力が入れられていることからファンの間でも評判の高い製品です。

製品によって多少の波があるというところが問題ですが、総じてポージングや胸と下半身の造形に高い評価がつけられているメーカーと言えるでしょう。

新製品も続々と登場しているので、今後も美少女系アニメやゲームが好きな人はチェックをしておきたいところですね。

進撃の巨人・フィギュア

作品について

諫山創氏による漫画であり、後にアニメやゲームにもなります。
巨人とそれに立ち向かう人間との戦いを描いた物語であり、人間は巨大な壁を建造し巨人の侵入を防ごうとします。
この物語で描かれる世界は電気技術が存在しない、産業革命前のヨーロッパのような時代であり、まるでローマ軍の戦いのような感じになります。
ただし立体起動装置があるなど、この時代には似つかわしくない精巧な装置も登場します。

キャラクター

・エレン・イェーガー
主人公であり、壁の外の世界に憧れる少年です。
シガンシナ区出身であり、目の前で母が殺された経歴を持ちます。
勇気と行動力を持っており、周囲の人間を奮い立たせるなどリーダー的な役割を果たします。

・ミカサ・アッカーマン
ヒロインであり、母は最後の純血の東洋人と言われています。
一速が受け継ぐ刻印を右手首に付けています。
強盗に両親を殺されてからは、イェーガー家に引き取られています。
エレンを依存的に信頼しています。

・リヴァイ・アッカーマン
人類最強の兵士として知れ渡っており、1個旅団なみの力を持っています。
高度な技量も持っており、調査兵団の兵士長であり、その前は街のゴロツキでした。
昔の影響から性格は冷徹で無愛想です。

・アルミン・アルレルト
エレンとミカサの幼なじみで、金髪のボブカットの少年です。
従軍した両親は死亡しており、憲兵を憎んでいます。
人類は外の世界に行くべきだと考えています。

発売フィギュア

・リヴァイ アッカーマン
MASTER STARS PIECE版のリヴァイ アッカーマンです。
マントを纏っている姿であり、立体起動装置は付属していませんが、そのバージョンもあります。
マントは着脱可能です。
2014年8月発売です。

・クリスタ・レンズ
プライズ版のフィギュアです。
立体起動装置を操っているポーズであり、ベルトやマントなども精巧に作られており、表情も豊かです。
2015年6月発売です。

・ミカサ・アッカーマン 1/8スケール
BD第2巻のジャケットイラストを元に制作し、立体起動装置を操って躍動感あるポーズのミカサになっています。
立体起動装置は傷が付いているところも再現しており、細部まで丹念に作られています。
ただしパーツが細かいので、取付けに苦労するかもしれません。
2015年5月発売です。

・エレン・イェーガー figma
figmaバージョンのエレン・イェーガーです。
立体起動装置や超硬質ブレードやワイヤーなども再現されていますが、可動を邪魔しない作りになっているので、自由にポーズを決められます。
立体起動装置のパーツや、手首のパーツなどもいくつか付属しており、様々なポーズが決めやすいです。
2014年4月発売です。

すーぱーそに子・フィギュア

キャラクターについて

すーぱーそに子は、ニトロプラスのイメージキャラクターであり、第一宇宙速度のボーカルを務めます。
名前は似ていますが、ソニーとはまったく関係ありません。
設定ではグラビアモデルやゲームキャラの仕事をしており、豊満な体であり、いつもヘッドフォンをしており、それがトレードマークです。
担当する声優は非公表となっています。
後にアニメやゲームなどにもなっています。
また第一宇宙速度では、ドラム担当の綿抜フウリとベース担当の富士見鈴と一緒に活動をしています。

プロフィール

誕生日は2006年10月14日であり、趣味はお風呂と猫と遊ぶこととゲームです。
好きな食べ物はラーメンとマカロン、好きなアーティストはニルヴァーナやアブリルラビーンなどです。
第一宇宙速度としても数々の曲やアルバムを発表しており、ソロアルバムも発売中です。

漫画にも登場することがあり、グラビアや写真集もあります。
よく他のゲームやCMともタイアップすることもあり、数々の作品に登場しています。

発売フィギュア

・バレンタインバージョン
こちらは裸エプロンに、チョコレートのケーキを持った姿となっており、片手は腰に手を当ててお尻を強調したポーズとなっています。
スリッパを履いており、もちろんトレードマークのヘッドフォンは外せません。
2009年3月発売です。

・しまパンバージョン
こちらはバレンタインバージョンと同じポーズで、裸エプロンにスリッパという姿ですが、違うのは白と水色のストライプの縞パンを履いているというところです。
そしてケーキはストロベリーケーキであり、スリッパはピンク色のスリッパです。
2011年1月発売です。

・ボンテージバージョン
ジャケットがはだけており、ボンテージ衣装を全面に出した姿のフィギュアです。
もちろんヘッドフォンをしており、ストッキングにレザーのロングヒールを履いて膝をついて立っているポーズになります。
第一宇宙速度ではギター担当なので、隣にギターがあります。
2011年5月発売です。

また2011年1月には、ピンク色を中心にしたデザインのキャンディピンクバージョンも発売されました。

・ナースバージョン
ナース服を着て、ヘッドフォンの上からナースキャップを被った姿のナースバージョンです。
片膝立ちをしており、片手には注射器を持っている姿となっています。
セクシーな下着の着せ替えパーツも付属しています。
2012年10月発売です。

黒いナース服の小悪魔バージョンも2013年11月に発売されました。

・チアガールバージョン
チアガール服を着て、両手を振り上げて応援している姿のフィギュアです。
手にはボンボンを持っていますが、取り外し可能です。
2014年10月発売です。

ジョジョの奇妙な冒険・フィギュア

作品について

荒木飛呂彦氏による漫画であり、アニメ化されています。
現在は第8部まで物語が進んでおり、それぞれで登場人物や物語の背景などが違います。
第2部までは波紋という気功のような力を使いますが、第3部からはスタンドという、自身の能力を具現化して人の形にしたエネルギーで戦う物語となります。
日本やイタリアが舞台となっており、スタンドの名前はロックミュージックから付けられることが多いです。
また擬音が漫画の中に良く登場するのも特徴であり、「メメタァ」など印象的な音になっています。

登場人物

・東方 仗助
第4部に登場する主人公であり、髪型はリーゼントにしていますが、それをサザエさんのようだと言われて怒ったことがあります。
スタンド能力はクレイジーダイヤモンドであり、壊れた物や負傷した生き物を修復する能力です。
自身を修復することは出来ません。

・岸辺 露伴
杜王町に住む漫画家であり、スタンド能力はヘブンズ・ドアーです。
相手を本に変えて、書き込んだことをそのまま実現します。
仗助とは因縁があり、あまり彼のことは好きではありません。

・ブローノ・ブチャラティ
第5部に登場する組織のチームリーダーです。
スタンド能力はスティッキィ・フィンガーズであり、空間をジッパーで開ける能力です。
人の汗や皮膚の味で嘘を見抜く特技を持っています。

・グイード・ミスタ
ブチャラティの部下です。
数字の4が不吉だと信じており、4が絡むと弱気になります。
スタンド能力はセックス・ピストルズであり、6連装のリボルバーで弾を撃つ能力です。
弾はピストルズという6匹の生き物であり、それぞれが自我を持って発射した弾の軌道を変えたり出来ます。

発売フィギュア

・空条承太郎
超像可動シリーズより、第3部の主人公のフィギュアです。
ヘッドパーツや各種ハンドパーツが付属しています。
可動するので好きなポーズに決めることが出来ます。
このフィギュアは個体差があって、出来の良し悪しがあるようです。
2013年8月発売です。

・シルバーチャリオッツ
こちらも超像可動シリーズより虹村億泰のスタンドのフィギュアです。
金属の質感をそのままに、各所にゴールド色を使ったセカンドカラーです。
レイピアにアヌビス神などが付属し、擬音文字プレートもあります。
2013年3月発売です。

・広瀬康一&エコーズACT1
こちらも超像可動シリーズより広瀬康一と、その初期スタンドのACT1です。
ちょうど殻を破って出てきた状態のACT1となっています。
髪型や表情パーツ、通学カバン、ハンドパーツ、擬音エフェクトパーツが付属しています。
ただし可動部分は少ないので、そちらはあまり期待しない方がいいでしょう。
2011年1月発売です。

涼宮ハルヒ・フィギュア

作品について

谷川流氏原作の小説であり、アニメ化された作品です。
女子高生の涼宮ハルヒが非公式クラブSOS団を結成し、団員を集めたら宇宙人や未来人や超能力者が集まってしまい、非日常が始まっていく物語です。
その中で男子高校生のキョンの視点で物語は進んでいき、その中で超常現象を解決していったり、日常のトラブルに巻き込まれていったりします。
涼宮ハルヒの憂鬱が第1作であり、その後涼宮ハルヒの消失や涼宮ハルヒの驚愕などの作品も作られました。

キャラクター

・涼宮 ハルヒ
本作のヒロインであり、物語の主導権を握り進めていく少女です。
キョンと同じクラスであり、いつも非日常が起きればいいと思っています。
性格は荒唐無稽で傍若無人であり、校内一の変人として知れ渡っています。

・キョン
主人公であり作品を通じての語り部的存在です。
時にハルヒのトラブルに巻き込まれて厄介ごとを背負うこともあり、キョンはあだ名であり、本名は判明していません。
宇宙人や未来人に子供の頃から憧れていましたが、そんなのは作り話だと考えていた時に、高校で実際にそれらを目の当たりにします。

・長門 有希
ハルヒと同じ高校の女子高生であり、口数が少なく、いつも眼鏡を掛けています。
実はヒューマノイドインターフェースであり、ハルヒ達がトラブルに巻き込まれると、その優秀な能力で助けることもあります。

・朝比奈 みくる
ハルヒと同じ高校の女子高生であり、ドジっ娘です。
舌っ足らずな話し方をして、子供っぽい動作をして、どこかふわふわした印象を与えます。
SOS団に入部してからは、マスコットとして活躍し、メイドや巫女服をきてSOS団をアピールすることもあります。

発売フィギュア

・涼宮ハルヒ 1/8スケール
SOS団の団長の格好をしており、指を差しているポーズになります。
パーツを取り替えることによって、超監督バージョンにもなります。
ハルヒファンとしてはおすすめの一品であり、人気フィギュアです。
2007年2月発売です。

・長門有希 1/8スケール
こちらは長門有希が魔法使いの格好をしているフィギュアです。
パーツを取り替えることによって、カーディガンバージョンにもなります。
眼鏡は度が入っているアイテムと入っていないアイテムの2つがあり、細部までこだわって作られています。
2007年7月発売です。

・朝比奈みくる 1/8スケール
朝比奈みくるがエプロンをしてウェイトレス姿のフィギュアであり、朝比奈みくるの冒険の中のデザインになっています。
みくるビームを決めているポーズになっており、ファンには納得の一品と言えるでしょう。
レースの部分に細かくデザインされており、とてもクオリティの高いフィギュアです。
2007年6月発売です。