アルファマックス

女性キャラを取り扱うフィギュアメーカー

「アルファマックス」は、美少女キャラを專門に取り扱っているフィギュアメーカーです。
これまでの代表作としては「けいおん!」や「一騎当千」「クイーンズブレイド」「To Heart」といった人気の作品が挙げられます。

全体的に巨乳を強調したセクシー系のフィギュアが多く、代表作として挙げられる「すーぱーそに子YシャツVer.」などはかなり露出度の高いモデルとなっています。

その他にも「あそびにいくヨ!エリスフルーツビキニVer.」なども大胆な水着とポージングがファンから高い評価を得ている作品です。

スタイルはかなり力を入れて作り込んでいるという印象がある一方で、原作が有名になったアニメやゲームのキャラクターにおいてはあまり顔が似ていないという評価が付けられることもあります。

セクシー系フィギュアを得意としていることもあってか、しばしば原作ではあり得ないようなシチュエーションで露出をさせたフィギュアを作っていたりということもあるので、純粋な原作ファンというよりもセクシー系のフィギュアが好きな人に受けているという印象です。

塗装はかなり気合が入ったものが多いです

アニメ原作にあまり似ていないとは書きましたが、それは別のメーカーでよくあるような目鼻の位置が決定的にずれているといった失敗例とは少し違います。

アルファマックスのフィギュアは塗装にかなり気合が入っており、唇や頬、目などのパーツはかなり丁寧に色を付けられているからです。

力を入れすぎるがゆえに原作に似なくなってしまうのかもしれませんが、原作がないものとして純粋にフィギュアのみの良し悪しで判断すれば相当技術力の高いフィギュアであると言うことができます。

実際アルファマックスのフィギュアを購入して愛用している人の中には、そのモデルとなっているキャラクターのことをほとんど知らないで置いているという人もいるくらいです。

全体的にゲームやアニメで登場するキャラクターよりも若干大人びた印象になっているものが多いため、子供系のキャラクターが好きな人からの意見は大きく分かれるところでしょう。

水着キャラが得意なようで「けいおん!」の登場キャラなどビキニを着用しているタイプがいくつか販売されています。

ポージングについては若干微妙なところが多く、セクシー路線を意識はしているものの、どちらかというと色気を完全に出し切っていない中途半端なポーズをしている印象があります。

セクシーと感じるかどうかは手に取った人の感性によるかと思いますが、より妄想に忠実なセクシー系のフィギュアが欲しいという人にはちょっと物足りなく感じてしまうかもしれません。

ALPHA×OMEGA アルファオメガ

共同プロジェクトによって誕生した「アルファオメガ」

「アルファオメガ」は、フィギュアメーカー「アルター」と「メガハウス」の共同プロジェクトとして誕生しました。

いずれも独自の製作ブランドを持っていた有名メーカーなのですが、共同することによりより挑戦的な作品を世に生み出すことができるようになりました。

なお「アルファオメガ」はギリシア文字の最初である「A:アルファ」と最後の文字「Ω:オメガ」を組み合わせた言葉であり、全てを立体化するというコンセプトの基につけられています。

斬新な作品を作るということを常に試みている非常に意欲的なフィギュアメーカーであり、売れ線だけにこだわらない過去作品もかなり高品質で登場しています。

メーカーとして「面白い」ものを作るということを意識しているとのことで、世界に通じるフィギュアメーカーを目指して新製品を作っているようです。

実際ここ最近の新商品として「サイバーフォーミュラ」の「菅生アスカ」や「アイドルマスターシンデレラガールズ」の「渋谷凛」「神谷奈緒」「北条加蓮」のトラットプリンセスバージョン、「コードギアス反逆のルルーシュR2」の「スザク」ナイトオブゼロといったところがあります。

アニメ・フィギュアではどうしても顔の造形に不安が残ってしまうことが多いのですが、アルファオメガにおいては相当作り込みをしており、まるでアニメからそのまま抜け出してきたかのようなリアルさが特徴です。

プリキュアシリーズやBLEACHなども高評価

アルファオメガで取り扱われているフィギュアの種類はかなり幅広く、上記の作品の他にも歴代プリキュアシリーズやラブライブ、BLEACH、ゲゲゲの鬼太郎といったような過去作品も数多くリリースされています。

カワイイ少女フィギュアからセクシーなスタイル抜群のキャラクターまで、アニメの内容に忠実に再現をしようとしてくれる姿勢はファンから高い支持を得ているところです。

他のフィギュアメーカーを引き離すような高評価を得ているポイントとしては、それぞれのキャラが身につけている衣装により質感を変えるといった細かい作り込みが挙げられます。

例えば前述した「渋谷凛」のフィギュアなどは着用している衣装とブーツ、髪の毛それぞれで異なる質感の塗装仕上げがされています。

ポージングも計算をされつくされており、どの角度から見てもゲームでのキャラクターの印象を少しも損ねることがありません。

ここ最近リリースされたフィギュアの中でもそうとうハイレベルなものとして人気が高い製品になっています。
男性向け・女性向け問わずファンが「欲しい!」と思うフィギュアを製造してくれる非常に優秀なメーカーと言えるでしょう。

クレイズオンライン

美少女フィギュアメーカーの有名店「クレイズオンライン」

有限会社クレイズが運営する「CLayz」は、ガレージキットやフィギュア、キャラクターグッズの開発・製造・販売を行っています。

立体造形物なら全般的に受注をしており、ノベルティグッズの企画制作も行うかなり専門性の高い企業です。
独自の中国での生産ラインを持っているというところに特徴があり、大量受注・大量生産にも対応することができます。

版権ものでは集英社や講談社といった大手出版社の他、メディアワークスやガイナックス、バンダイビジュアルなどといったアニメやゲームの大手と提携しているため、原作に忠実な質の高いフィギュアが製造されています。

美少女系フィギュアの中でもとりわけ年齢層の低い少女フィギュアが主なラインナップとなっており、「ぽよよんろっく」画集をもとにしたフィギュアや「Fate」シリーズ、「クイーンズブレイド」といったところが売れ筋です。

定番フィギュアとして「エヴァンゲリオン」や「けいおん」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」といった人気作品もあります。

等身フィギュアだけでなくミニキャラクターも多く取り扱われており、とにかくかわいいフィギュアが多いというところが特徴です。

コンパチパーツを使った可動性が魅力

クレイズオンラインで販売しているフィギュアの中には「コンパチパーツ」という取り外し可能なパーツが組み込まれているものも見られます。

コンパチパーツとは「コンパチブル(compatible)」からそう呼ばれるようになったフィギュアパーツの通称で、持ち主が自由にパーツをつけたり外したりすることができるという便利なものです。

原型師として提携しているスタッフも業界では有名な人たちで、再現度の高いアニメキャラとして毎回新製品が話題になっているところです。

ここ最近では「萌仏フィギュア」という寺社をモデルにした美少女系フィギュアに力を入れており、しばしばテレビ番組でも紹介をされています。

通販限定のモデルなどその時期によって販売されるラインナップが変化しますので、ファンにとってはこまめにチェックしておきたいところです。

過去に人気が出たクレイズのフィギュアとしては、「イカ娘」や「ドロンジョ様」「千反田える」「平沢唯」といったところがあります。

価格帯はだいたい1万前後と高めなのですが、全体的なクオリティの高さもあって根強いファンがついています。
最新のアニメ作品だけでなく10年近く前の作品をモデルにしたものもしばしば登場しており、得意のコンパチパーツを使った特殊な演出もまた見どころです。

一見大人しそうなフィギュアがコンパチパーツによってかなり大胆なものにも変わるので、購入をするときには完成体を確認してからがよいでしょう。

あみあみ

大手キャラクターグッズ&ホビーの専門店「あみあみ」

「あみあみ」はキャラクターグッズ&ホビーの専門店として有名な通販ショップです。
2016年にはついにアニメの聖地秋葉原に実店舗をオープンさせており、アニメ・ゲームファンにとって非常に支持の高い店として知られています。

あみあみの実店舗は他に「橋本駅前店」(神奈川県相模原市)の物流センター最寄り駅に2015年から営業しているのですが、そちらはカードゲーム特化の小型店舗となっているため、グッズやフィギュアを求める場合はやはり秋葉原に足を運ぶのがよいでしょう。

あみあみ秋葉原店では新作フィギュアおよび中古フィギュアが中心に扱われており、他にも海外フィギュアやドールといったようなものも定番品となっています。

通販ショップも同様にフィギュアを中心にトレーディングカードやCD、DVD、BDなど多くのアイテムが揃っているので、欲しいものがあるなら一度は足を運んでみてもらいたいお店です。

なお秋葉原店オープンを記念し、初日である2016年4月27日~28日の2日限定で「初音ミク~花色衣~1/8完成品フィギュア」が展示されていました。

取り扱われているフィギュアは「美少女フィギュア」「一般作品フィギュア」「海外作品フィギュア」「ドール」の4分野となっており、かなり珍しい種類のものも品揃えとして並べられています。

人気商品はFate/Grand Orderや初音ミクなど

「あみあみ」はフィギュア界ではかなり大手となっていることから、扱われている品物もかなり広い分野に及んでいます。

人気のラインナップとしては「Fate」シリーズや「初音ミク」「艦これ」といった美少女系が多いですが、女性向け作品の「あんさんぶるスターズ!」や「ユーリ!!!on Ice」といったものも多く取り扱われています。

「ドラゴンボール」や「キン肉マン」といった定番ジャンプ系作品のフィギュアも充実しており、1万円前後の高価格帯フィギュアだけでなく食玩やトレーディングドールなども数多くあります。

通販メーカーとしてはかなり運営がしっかりしており、発送をするときの梱包の丁寧さにも定評があります。
届いたフィギュアやドールに傷や破損がないということも高い評価を得られる要因となっており、届いた品物が写真と実物で異なっていたといったクレームもほとんど発生していません。

何より他社では滅多に扱われていないマニアックなフィギュアが多く扱われているので、手に入れるのが難しそうな過去作品も「あみあみ」ならあるということもよくあります。

その分転売屋から狙われやすいという問題も発生しているようで、今後は悪質な注文を繰り返すユーザーにどう対処していくかということが大きな課題と言えます。

アイズプロジェクト

エヴァやナディアなど美少女系に強いメーカー

「アイズプロジェクト」と言えば、エヴァンゲリオン系の商品を多く手がけていることで知られるフィギュアメーカーです。

完成品として販売されている商品としては、ここ最近では「一騎当千」のキャラクターを扱ったものが多く「孫策伯符」や「柳生三厳」といった人気キャラの水着フィギュアが多く取り扱われているようです。

版権ものだけでなくオリジナル作品も扱っているというところに特徴があり、「クリアアクリルの椅子を使って好きなようにキャラを創作」というようなオファーでフィギュア師に依頼をしています。

同じフィギュアの中にも衣装違いや色違いがあるというのも特徴的で、自分の好みにより近いフィギュアを求めることができるメーカーと言えます。

セクシー系のタイプがやはり最も人気があるようで、「不知火舞」や「キュティーハニー」といったような定番巨乳キャラも数多く手がけています。

キャラカーのミニカーも扱いをしており、憧れの痛車をミニカーとして入手することが可能です。
ミニキャラカーとしては、「らき☆すた」や「シャナⅡ」といった今も根強い人気のあるタイプがラインナップされており、再現度の高さもあってかなりの人気商品です。

一番人気の「アスカ」フィギュアは高値取引も

しかし何と言ってもアイズプロジェクトの本領が発揮されていると言えるのが「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの美少女フィギュアです。

中でも「惣流・アスカ・ラングレー」のフィギュアはどのタイプもかなり評判が高く、現在でも1万円~2万円の高価格帯で取引をされています。

ただ熱狂的なファンの意見からは「造形はよいけど顔はいまいち」という意見もあるようで、他社には見られないような悩ましいポージングやセクシーな衣装が評価をされている一方で、そこまで凝るなら顔の造形にも力を入れて欲しいというのが正直なところです。

他にも同じくエヴァンゲリオンシリーズの中では「真希波・マリ・イラストリアス」や「綾波レイ」のフィギュアは完成度が高いフィギュアとして高値で取引をされています。

現在品薄で入手が困難となっているものとしてエヴァンゲリオン新劇場版の1/6式波・アスカ・ラングレーの制服バージョンがあります。

こちらは制服のスカートの動きが滑らかに再現されており、顔の造形にも相当力が入れられていることからファンの間でも評判の高い製品です。

製品によって多少の波があるというところが問題ですが、総じてポージングや胸と下半身の造形に高い評価がつけられているメーカーと言えるでしょう。

新製品も続々と登場しているので、今後も美少女系アニメやゲームが好きな人はチェックをしておきたいところですね。

進撃の巨人・フィギュア

作品について

諫山創氏による漫画であり、後にアニメやゲームにもなります。
巨人とそれに立ち向かう人間との戦いを描いた物語であり、人間は巨大な壁を建造し巨人の侵入を防ごうとします。
この物語で描かれる世界は電気技術が存在しない、産業革命前のヨーロッパのような時代であり、まるでローマ軍の戦いのような感じになります。
ただし立体起動装置があるなど、この時代には似つかわしくない精巧な装置も登場します。

キャラクター

・エレン・イェーガー
主人公であり、壁の外の世界に憧れる少年です。
シガンシナ区出身であり、目の前で母が殺された経歴を持ちます。
勇気と行動力を持っており、周囲の人間を奮い立たせるなどリーダー的な役割を果たします。

・ミカサ・アッカーマン
ヒロインであり、母は最後の純血の東洋人と言われています。
一速が受け継ぐ刻印を右手首に付けています。
強盗に両親を殺されてからは、イェーガー家に引き取られています。
エレンを依存的に信頼しています。

・リヴァイ・アッカーマン
人類最強の兵士として知れ渡っており、1個旅団なみの力を持っています。
高度な技量も持っており、調査兵団の兵士長であり、その前は街のゴロツキでした。
昔の影響から性格は冷徹で無愛想です。

・アルミン・アルレルト
エレンとミカサの幼なじみで、金髪のボブカットの少年です。
従軍した両親は死亡しており、憲兵を憎んでいます。
人類は外の世界に行くべきだと考えています。

発売フィギュア

・リヴァイ アッカーマン
MASTER STARS PIECE版のリヴァイ アッカーマンです。
マントを纏っている姿であり、立体起動装置は付属していませんが、そのバージョンもあります。
マントは着脱可能です。
2014年8月発売です。

・クリスタ・レンズ
プライズ版のフィギュアです。
立体起動装置を操っているポーズであり、ベルトやマントなども精巧に作られており、表情も豊かです。
2015年6月発売です。

・ミカサ・アッカーマン 1/8スケール
BD第2巻のジャケットイラストを元に制作し、立体起動装置を操って躍動感あるポーズのミカサになっています。
立体起動装置は傷が付いているところも再現しており、細部まで丹念に作られています。
ただしパーツが細かいので、取付けに苦労するかもしれません。
2015年5月発売です。

・エレン・イェーガー figma
figmaバージョンのエレン・イェーガーです。
立体起動装置や超硬質ブレードやワイヤーなども再現されていますが、可動を邪魔しない作りになっているので、自由にポーズを決められます。
立体起動装置のパーツや、手首のパーツなどもいくつか付属しており、様々なポーズが決めやすいです。
2014年4月発売です。