ナルト・フィギュア

作品について

忍同士が能力を駆使して戦いを繰り広げるバトルアクション漫画であり、後にアニメ化もされます。
忍の世界とその起源や歴史、主人公達の友情や裏切りも描かれ、民話や神話や伝承などのオマージュを取り入れ、中盤以降では戦いが対話の意味も持ってきます。
特にナルトは日本国内のみならず、海外で人気のある作品であり、海外のアニメフェスタではコスプレする外国人も多いです。
アメリカやフランスで熱狂的ファンが多く、コミックの売り上げが特に多い国です。
海外ではコミックは累計7,500万部以上を売り上げ、国内では1億部以上の売り上げを誇る作品です。

登場人物

・うずまきナルト
本作の主人公であり、九尾の妖狐を宿す人柱力です。
天涯孤独という設定にはなっており、両方の頬に3本の線があるのが特徴です。
生まれたばかりの頃に、ミナトによって里を壊滅状態にした九尾の妖狐を体内に封印されます。

・うちはサスケ
ナルトの宿敵であり親友です。
瞳術の写輪眼を受け継ぐうちは一族の末裔です。
幼い頃にイタチに一族を皆殺しにされており、その兄を葬ることを使命としています。
里を抜ける前は第七班所属でした。

・うちはイタチ
サスケの兄であり、美青年です。
眼は写輪眼を常に使用しているので、いつも赤く見えます。
写輪眼の究極の万華鏡写輪眼を持つものです。
木ノ葉隠れ時代はアカデミー首席、8歳で写輪眼開眼というずば抜けた能力を見せつけます。

・春野サクラ
第七班に所属しているくの一であり、ピンク色の髪とアオザイのような忍装束が特徴です。
広いおでこがチャームポイントとなっていますが、アカデミー時代はそれをネタにされていたので、髪を伸ばしていました。
成績優秀であり、その反面短気な面もあります。
やがて修業によって医療忍術を体得します。

発売フィギュア

・うずまきナルト 六道仙人モード

G.E.M.シリーズより、うずまきナルトが六道仙人モードでの姿のフィギュアが発売されます。
六道仙術を使用した状態で背中に浮かぶ求道玉、両手に六道の棒、オレンジ色の羽織の背の模様、十字状の瞳孔など細部にまで原作通り再現しています。
また表情差し替えパーツも付属し、クナイをくわえた姿にも出来ます。
2016年6月発売予定です。

・うずまきナルト おいろけの術ver
ナルトがおいろけの術を使用しー、セクシーな美女になった状態のフィギュアです。
女体化して胸が大きくなり、はだけた姿のセクシーなナルトになっています。
ツインテールで小悪魔風のカチューシャにしっぽがあり、頬には猫のような髭もあります。
さらには衣装のシワや毛先の動きなど細部にまで再現し、ナルトファン必見です。
2016年9月発売予定です。

アイドルマスター・フィギュア

作品について

9人のアイドル候補生を、ファンに支持されるアイドルにするかをプロデューサーとなりプロデュースします。
元々はアーケードゲームとして作られましたが、その後はアニメや家庭用ゲーム、さらにはMADムービーが作られるなど幅広く展開しています。

プロデューサーは事務所に通い、アイドル候補生と会話したり、レッスンなどを行い、多くのファンに支持されるアイドルに育成していきます。
オーディションに出演して合格すると、番組に出演することが出来、これによりアイドルへの道に近づくことが出来ます。

キャラクター

・天海 春香
歌うことが好きで前向きな性格の少女です。
2つのリボンがチャームポイントで、ドジっ娘で天然な面があります。
お菓子作りが得意であり、作品によっては趣味になったり特技になったりします。

・如月 千早
青っぽいロングヘアが特徴であり、まな板のようなぺったんこな少女です。
胸がないので、ファンの間ではしばしばネタにされることもあります。
性格はクールであり、プロデュースするにはテンション管理が難しいです。

・萩原 雪歩
大人しく、弱気で泣いてしまうこともあり、ファンからはゆきぽと言われることもあります。
裕福で厳格な家庭で育ち、家にレッスンルームを建てたり、休日は娘に悪い虫が付かないように調べたりと、親ばかな家庭です。

・高槻 やよい
活発で明るい少女であり、ラ行の発音が苦手です。
事務所では自主的に掃除やゴミ捨てなどを行っています。
生活は厳しくお金に困ることも多く、それを改善しようとアイドルへの道に進むことを決意します。

・秋月 律子
冷静で頭の切れる少女であり、眼鏡をかけています。
元々事務員として働いていましたが、人手不足からアイドル候補生に抜擢されます。
勝ち気ではっきりした物言いをして、理論などを優先して考えます。

発売フィギュア

・ぷちます!ぷちどる「やよ」と「いお」
2015年3月24日から発売開始された、ぷちますシリーズのフィギュアです。
やよいと伊織が発売されています。

・ねんどろいど 渋谷凛
ねんどろいどシリーズから、シンデレラガールズに登場した渋谷凛が制服姿で発売されています。
2015年9月から発売開始です。

・如月千早 浴衣ver
如月千早が浴衣姿になって登場です。
青い浴衣に手には団扇を持ったポーズになっています。
2015年8月から発売開始です。

・本田未央
シンデレラガールズより本田未央がfigmaで発売されます。
笑顔の他にウインクや悩み顔の表情があります。
2016年1月から発売開始です。

・萩原雪歩
アニメ版のジャケット書き下ろしのイラストをそのまま再現しました。
片足で立って両手少し上げているポーズになります。
2015年12月から発売開始です。

友人の悲惨な話

価値が分からない人が部屋に入ってきたら

自分の部屋には数え切れないほどのフィギュアがあって、プレミアが付いている作品も多いので、お金に換算するといったいどのくらいになるのか、自分でも分からないくらいです。
しかし、この価値が分からない人が部屋に入ってきても、ちょっと理解ができないかもしれませんね。

フィギュアの価値が分からないと、作品をむげに扱う人もいるので、そういう人にはできるだけ部屋に入って欲しくないものです。
下手に触って汚されたり、あまつ壊されたりした日には、立ち直れないくらいのショックを受けるでしょうね。

子どもにやられた悲惨な友人

引きこもり生活をしてフィギュアを楽しんでいる人の大半は、知らない人が中に入ってこられないようにカギをかけていることが多いようです。
自分の友人もそうして大事なフィギュアを保護していたのですが、ある日悲劇が生じました。

友人は親族の不幸でどうしても家から出なくてはならなかったのですが、当然部屋にはカギをして誰も入れないようにしておきました。
しかし、友人が家にいない間に小さな子どもを持つ親族が来て、なんと子どもがカギを破って侵入してしまったのです。

単に部屋に入るだけならまだしも、何を思ったのか部屋でさんざん暴れ、多数のフィギュアや模型、DVDなど、貴重なコレクションを壊していったのです。
友人が外から帰ってきて、部屋を見た時の表情は想像に難くないですね。
もう立ち直れないほどのショックだったようです。

その様子を見て、その子どもの親も相当びっくりしたのでしょう。
ちゃんと壊したものを弁償すると言ってくれたようですが、フィギュアの価値は簡単に計算できませんし、そもそももう手に入らない貴重な作品もありますから、お金に換算できない部分も多いんです。

損害を賠償してもらおうと思っても難しい

泣く泣く部屋を片付けて、壊されてしまったフィギュアやDVDなどを挙げてみると、かなりの損害となったようです。
インターネットなどで、実際の買い取り金額もしくは販売額を見て計算してみると、300万円はくだらないとのことです。

今までの苦労が一瞬にして消え去ってしまって悲しかったでしょうね。
そして、その失った300万円分も相当大きなものがあります。
当然、損害を弁償してくれると親は言っているわけですから、その額を提示したわけですが、フィギュアのことをよく分かっていないからか、まったく理解ができなかったようです。

しかし、細かく壊された作品を挙げて実際の売買金額を見せることで納得してもらい、弁償にこぎつけたようです。
こうした悲惨な話を聞くと、絶対に自分がいないときには、部屋に他人を入れてはいけませんね。
しっかりとしたカギをかけて防御するようにします。

 

ENTERBAY

実在の人物を数多く手がけるフィギュアメーカー

ENTERBAYは、アメリカに本社を持つフィギュアメーカーで、実在の人物をメインにした作品を数多く作っています。
特に、NBAの選手のコレクションが多く、たくさんの有名バスケットプレイヤーのフィギュアを抱えています。

実在の人物の他には、映画に出てくる登場人物や、ロボコップなど人間のキャラクターを作っています。
ロボット系やメカ系、想像上のキャラクターなどはほとんどなく、リアルなキャラクターが大部分を占めています。

クオリティーの高さに驚かされる作品の数々

フィギュアのレベルの高さは、日本のメーカーが秀でているところも多いのですが、このENTERBAYの作品を見ると、そのレベルの高さに驚かされます。
特に、実在の人物のフィギュアなどは、ひげの感じやしわ、筋肉や血管の雰囲気など、本物と見間違ってしまうほどです。

基本的には1/6スケールのフィギュアが多いのですが、アップにして写真を撮ると、本物の人間なのか迷ってしまうほどのできあがりです。
そして、アクションフィギュアを基本としていて、可動部分の作りもしっかりとしています。
細かな動きもできますので、特にスポーツ選手のフィギュアなどは、動かしてかっこいいポーズを取れるのがうれしいところですね。

そして、フィギュア本体だけでなく、服やアイテムの出来も相当なものがあります。
NBAのユニフォームなどは、まさに本物を小さくしただけという感じで、まったく違和感がありません。
そして、ロボコップなどの映画の登場人物のフィギュアに付いているアイテムも、質感や精密さなど文句の付けようがないほどです。

表情の作り方が非常に上手で生き生きとしている

ENTERBAYのフィギュアは、リアリティーにこだわっていますので、人物の表情が素晴らしいのが特徴です。
NBA選手が、咆哮を上げながら走っているポージングのフィギュアなどは、臨場感があって、本当に動き出しそうなくらいです。

笑顔や不敵な笑みをたたえている表情など、バリエーションも豊かで、その表現力には驚かされるばかりです。
いろいろな選手のフィギュアを並べて見てみると、リアルに選手が集合しているかのように思えます。

また、細かな機能も入れ込んでいて、ファンの心をくすぐります。
たとえば、バスケットボールプレイヤーのフィギュアでは、手の部分に金属をはめ込んでいて、磁石が入っているボールを持たせると、しっかりとホールドしてくれます。
いろいろな楽しみ方ができるのがうれしいですね。

このように、ENTERBAYのフィギュアは、どこをとってもクオリティーの高さを伺うことができ、購入して損のない作品ばかりです。

ALTER

レベルの高いフィギュアを送り出しているメーカー

ALTERは、フィギュアメーカーとして常に品質の高い商品を送り出していることで、高い評価を受けている会社です。
開発、製造しているフィギュアは美少女系がメインとなっていますが、メカ系のフィギュアも作っていて、どのシリーズもかなりの造形力と正確なペイントで、完成度の高いものばかりです。

アルメカというシリーズは、ロボットやメカ系のフィギュアを軸としているもので、見た瞬間にかっこいいと思わせる質の高さを持っています。
アニメやSFに出てくる乗り物やロボットなどがメインとなっていて、作品のものからリアルさと美しさを際立たせた、存在感のある仕上げをしています。
特に、ペイントの技術が素晴らしく、細かな点まで質感が表現されているのが特徴です。

女性向けのフィギュアも出している

ALTERでは、アルタイルというシリーズも出しています。
このアルタイルは、女性をメインターゲットとしたフィギュアのシリーズで、美少年系の作品が多く見られます。
かなりクオリティーが高く、クールな瞳や髪の毛の質感など、細かな点までしっかりと作り込まれているのが分かります。
身に着けているアイテムや服の動きや、細かな装飾などにも手を抜くことなく、相当の精度を保っているのが素晴らしいポイントですね。

フィギュアというと、男性向けの商品ばかりで、あまり女性には目が向けられてこなかったという側面もありますが、こうしてALTERが女性向けのシリーズを出していることで、今後さらに女性がフィギュアに関心を持ってくれることが期待できます。
まだ商品のジャンルが少ないですが、これから市場のニーズを見て、増えていくのではないかと思います。

いろいろな人がフィギュアに関心を持って、ファンが増えていくのはうれしいことですので、こうした試みが他のフィギュアメーカーにも広まってくれたらと思いますね。
新たなジャンルが生まれることや新しいファンの層が増えることで、全体的なフィギュアのクオリティーやアイディアも上がると思いますので、こうした動きは歓迎です。

安定した高い品質を保っていて安心できるメーカー

ALTERが提供しているフィギュアはどれも、かなり質の高いものばかりで、服のひだの様子や髪の毛の雰囲気、表情の豊かさなど、どのポイントをとっても感心させられます。
当たり外れがありませんので、ALTER製というだけで安心できる信頼性を持っています。

美少女系とメカ系に絞ってフィギュアを作っているので、あまりジャンルの数が多くありませんので、これからいろいろな分野にも手を出していってくれたらうれしいところです。
これからの商品のリリースにも注目が集まりますね。

 

MAX FACTORY

高い評価を受けるフィギュアを製作し続けている

MAX FACTORYは、美少女もののフィギュアやロボットフィギュアなどを企画、製造しているメーカーで、そのアイディアや質の高さから、とても高い評価を受け続けています。
グッドスマイルカンパニーと提携していて、フィギュアの販売はこちらの会社でほとんど行っている状況です。
企画や製造をMAX FACTORYで行い、販売を委託しているという関係になっています。

このメーカーは、特に美少女もののフィギュアに強く、魅力的なポージングや表情、体のラインなどを作るのが得意です。
そのため、キャラクターの魅力を最大限活かしたフィギュアを手にすることができると、ファンの間では人気が集まっています。

気軽に買えてレベルの高いfigmaシリーズ

MAX FACTORYでは、figmaというシリーズを持っていて、注目度の高い商品を次々と作っています。
これはアクションフィギュアの分野で、たくさんの可動部分を持っていて、かなり滑らかで気持ちのいい動きをしてくれます。
イメージ通りの動きの変化ができるので、したいポースをしてくれるというメリットがあります。

そして、フィギュアのデザインやペイントもしっかりとしているのに関わらず、2000円台で購入できるという値段の手頃さもうれしいところです。
そのため、今まで数百種類ものキャラクターが作られてきて、ヒットシリーズとなっています。

有名キャラクターも多く、ジョジョの奇妙な冒険や艦これなどの作品を扱ったフィギュアも作っています。
figmaというだけで、質が高いことが分かるくらいですので、安心して買えるというメリットがありますね。

基本的にはアニメの女性キャラクターが多い傾向にありますが、男性ものなども作っていて、幅広いジャンルをカバーしています。
これからもこのシリーズから、魅力的なキャラクターのフィギュアが生まれることを期待したいと思います。

フィギュアの衣装にもこだわり人気を博す

MAX FACTORYで忘れてはならないもう一つのポイントは、Poloシステムでしょう。
これは、フィギュアに着せる服のタイプのことで、伸縮性のある生地を使って服を作っているので、着脱がかなり可能になっています。
中には、服を分離できるタイプのものもあって、簡単に着せ替えができるという大きなメリットを持っています。

フィギュア自体の素晴らしさと、こうした実際的なアイディアを組み合わせることで、こだわりの商品を提供していて、高い人気を集めています。
たくさんのキャラクターを作っていますので、お気に入りのアニメや漫画のフィギュアをこのメーカーで探してみると良いでしょう。