ドラゴンボール・フィギュア

たくさんの人気キャラクターを持つドラゴンボール

ドラゴンボールは、国民的なアニメとして一時代を築きましたし、その人気は日本だけにとどまらず世界中に及んでいます。
人を引き込む実に面白いストーリーに加えて、どの登場人物も個性的でユニークな特徴を持っています。
キャラクターデザインもかっこよさと楽しさがミックスされていて、とても親しみやすいものばかりです。

そのため、ドラゴンボールはフィギュアの世界にとっても魅力的なのです。
孫悟空などのメインキャラクターはもちろんのこと、敵のキャラクターもサブキャラにも個性があって、非常に印象的なものばかりです。
たくさんの人気キャラクターが存在していますので、フィギュアをコレクションする上でも楽しいアニメシリーズですね。

同じキャラクターでも進化や成長が見られるのが楽しい

ドラゴンボールはアニメとしてかなりの長編で、時間軸に応じて主人公の孫悟空を始めとしてキャラクターたちが成長していくのを見ることができます。
そのため、フィギュアも、同じキャラクターであったとしても、成長過程に応じたものがありますので、コレクションする楽しみがあります。
少年時代の悟空から、サイヤ人になった悟空など、同じ人物でも変化していく順にフィギュアを集めていくと、コレクションしている感があります。

また、キャラクターの進化というのもドラゴンボールの楽しみ方の1つですね。
たとえば、人気キャラクターの筆頭であるフリーザなどは、シリーズを追うごとに進化してかっこよさが増しています。
その進化の度合いに応じてフィギュアを集めていくという手段もあって、いろいろな集め方があるのも良いところです。

独創的なスタイルが革新的

怪獣やモンスター、半獣人など、たくさんの想像上のキャラクターが存在していますが、ドラゴンボールのキャラクターは、中でも独創的なユニークなものばかりです。
今までにはないようなスタイルを持っていますので、フィギュアを集めてみるとそのオリジナリティーの素晴らしさにびっくりするはずです。

そして、本来嫌われ役となるはずの適役キャラクターが人気なのも、このドラゴンボールシリーズの特徴でしょう。
恐ろしい雰囲気やエグい感じがなく、かっこよさが前面に出ているのがその理由かと思います。
また、どことなくユーモラスなキャラクターも多く、飾っておいてかわいく見えるものさえありますね。

このように、ドラゴンボールのフィギュアは、原作のアニメとともにとても高い人気を保っています。
商品化されているキャラクターの種類も豊富ですし、同じキャラクターでもいくつものバージョンが出ていますので、コレクションしがいがあるというのもメリットです。