涼宮ハルヒ・フィギュア

作品について

谷川流氏原作の小説であり、アニメ化された作品です。
女子高生の涼宮ハルヒが非公式クラブSOS団を結成し、団員を集めたら宇宙人や未来人や超能力者が集まってしまい、非日常が始まっていく物語です。
その中で男子高校生のキョンの視点で物語は進んでいき、その中で超常現象を解決していったり、日常のトラブルに巻き込まれていったりします。
涼宮ハルヒの憂鬱が第1作であり、その後涼宮ハルヒの消失や涼宮ハルヒの驚愕などの作品も作られました。

キャラクター

・涼宮 ハルヒ
本作のヒロインであり、物語の主導権を握り進めていく少女です。
キョンと同じクラスであり、いつも非日常が起きればいいと思っています。
性格は荒唐無稽で傍若無人であり、校内一の変人として知れ渡っています。

・キョン
主人公であり作品を通じての語り部的存在です。
時にハルヒのトラブルに巻き込まれて厄介ごとを背負うこともあり、キョンはあだ名であり、本名は判明していません。
宇宙人や未来人に子供の頃から憧れていましたが、そんなのは作り話だと考えていた時に、高校で実際にそれらを目の当たりにします。

・長門 有希
ハルヒと同じ高校の女子高生であり、口数が少なく、いつも眼鏡を掛けています。
実はヒューマノイドインターフェースであり、ハルヒ達がトラブルに巻き込まれると、その優秀な能力で助けることもあります。

・朝比奈 みくる
ハルヒと同じ高校の女子高生であり、ドジっ娘です。
舌っ足らずな話し方をして、子供っぽい動作をして、どこかふわふわした印象を与えます。
SOS団に入部してからは、マスコットとして活躍し、メイドや巫女服をきてSOS団をアピールすることもあります。

発売フィギュア

・涼宮ハルヒ 1/8スケール
SOS団の団長の格好をしており、指を差しているポーズになります。
パーツを取り替えることによって、超監督バージョンにもなります。
ハルヒファンとしてはおすすめの一品であり、人気フィギュアです。
2007年2月発売です。

・長門有希 1/8スケール
こちらは長門有希が魔法使いの格好をしているフィギュアです。
パーツを取り替えることによって、カーディガンバージョンにもなります。
眼鏡は度が入っているアイテムと入っていないアイテムの2つがあり、細部までこだわって作られています。
2007年7月発売です。

・朝比奈みくる 1/8スケール
朝比奈みくるがエプロンをしてウェイトレス姿のフィギュアであり、朝比奈みくるの冒険の中のデザインになっています。
みくるビームを決めているポーズになっており、ファンには納得の一品と言えるでしょう。
レースの部分に細かくデザインされており、とてもクオリティの高いフィギュアです。
2007年6月発売です。