ナルト・フィギュア

作品について

忍同士が能力を駆使して戦いを繰り広げるバトルアクション漫画であり、後にアニメ化もされます。
忍の世界とその起源や歴史、主人公達の友情や裏切りも描かれ、民話や神話や伝承などのオマージュを取り入れ、中盤以降では戦いが対話の意味も持ってきます。
特にナルトは日本国内のみならず、海外で人気のある作品であり、海外のアニメフェスタではコスプレする外国人も多いです。
アメリカやフランスで熱狂的ファンが多く、コミックの売り上げが特に多い国です。
海外ではコミックは累計7,500万部以上を売り上げ、国内では1億部以上の売り上げを誇る作品です。

登場人物

・うずまきナルト
本作の主人公であり、九尾の妖狐を宿す人柱力です。
天涯孤独という設定にはなっており、両方の頬に3本の線があるのが特徴です。
生まれたばかりの頃に、ミナトによって里を壊滅状態にした九尾の妖狐を体内に封印されます。

・うちはサスケ
ナルトの宿敵であり親友です。
瞳術の写輪眼を受け継ぐうちは一族の末裔です。
幼い頃にイタチに一族を皆殺しにされており、その兄を葬ることを使命としています。
里を抜ける前は第七班所属でした。

・うちはイタチ
サスケの兄であり、美青年です。
眼は写輪眼を常に使用しているので、いつも赤く見えます。
写輪眼の究極の万華鏡写輪眼を持つものです。
木ノ葉隠れ時代はアカデミー首席、8歳で写輪眼開眼というずば抜けた能力を見せつけます。

・春野サクラ
第七班に所属しているくの一であり、ピンク色の髪とアオザイのような忍装束が特徴です。
広いおでこがチャームポイントとなっていますが、アカデミー時代はそれをネタにされていたので、髪を伸ばしていました。
成績優秀であり、その反面短気な面もあります。
やがて修業によって医療忍術を体得します。

発売フィギュア

・うずまきナルト 六道仙人モード

G.E.M.シリーズより、うずまきナルトが六道仙人モードでの姿のフィギュアが発売されます。
六道仙術を使用した状態で背中に浮かぶ求道玉、両手に六道の棒、オレンジ色の羽織の背の模様、十字状の瞳孔など細部にまで原作通り再現しています。
また表情差し替えパーツも付属し、クナイをくわえた姿にも出来ます。
2016年6月発売予定です。

・うずまきナルト おいろけの術ver
ナルトがおいろけの術を使用しー、セクシーな美女になった状態のフィギュアです。
女体化して胸が大きくなり、はだけた姿のセクシーなナルトになっています。
ツインテールで小悪魔風のカチューシャにしっぽがあり、頬には猫のような髭もあります。
さらには衣装のシワや毛先の動きなど細部にまで再現し、ナルトファン必見です。
2016年9月発売予定です。