ボーカロイド・フィギュア

元々は合成による歌声を作るソフトだったが

ボーカロイドとは、ボカロという略称で呼ばれることも多いもので、ヤマハによって開発された、合成音を出すためのソフトのことです。
ソフトによって機械的に歌声を作り、それで楽曲をまとめて発表するようになります。

このように、ボーカロイドは元々人工的な歌声を作って音楽を提供するというのがメインでしたが、それに合わせたキャラクターを登場させることで、一気にフィギュア界にも影響が及ぶようになりました。

たくさんのキャラクターが存在しているのですが、とりわけ初音ミクの存在は圧倒的なものがあります。
初音ミクが登場する楽曲は、他をはるかにしのぐ人気を集めていて、フィギュアの世界でも相当のファンがいます。

バーチャルアイドルとして不動の地位を築く

アニメやフィギュアの世界では、現実には存在しないバーチャルアイドルがたくさんいます。
しかし、その中でも初音ミクの人気は頭1つ抜け出ていて、圧倒的な存在感を持っています。

初音ミクは未来のアイドルというコンセプトで2007年に登場しました。
クリプトン・フューチャー・メディアによって生み出されて、合成音声を持って歌を歌うアイドルとして活躍しています。
初音ミクの画像については、自由に使っても良いという画期的な権利条件が出されていますので、ファンを始めとする多くの人が、初音ミクを使って楽曲を発表しているなど、かなりの広がりを持っています。

つまり、1つの会社や制作者が初音ミクを作っているというよりも、ファン側が創作を行って成長させているということになります。
それだけ、ファンの意識に近いキャラクターということで、フィギュアも様々なタイプが出ています。

長いツインテールが目印のバーチャルアイドル

初音ミクは、見るとすぐにそれと分かるのが特徴で、フィギュアファンにはたまらない魅力を持っています。
オリジナルのフィギュアは、青緑色の髪で、足まで届くほどの長いツインテールを持っています。

バージョンによって少し変化が加えられることが多いのが、初音ミクの特徴の1つでもあり、髪の色が青や緑に傾くことがあります。
また、頭身比率を変えて漫画風のスタイルにしたフィギュアも人気があって、かわいらいしさが前面に出されています。

歌を歌うアイドルということで、いわゆるステージ衣装のバリエーションも多くて、選びがいがあるのも魅力の1つでしょうか。
こうしたアレンジが多いのは、単発キャラクターとしては重要なことで、同じ人物でもいろいろな魅力を出してくれます。

たくさんのキャラクターを売りにするアニメ作品とは違って、1つのキャラクターだけで熱烈なファンをつかんでいるのは、初音ミクの相当な存在感を表していると言えるでしょう。