レチェリー

18禁フィギュアが中心のフィギュアメーカー

「レチェリー」は、マベル有限会社が展開しているフィギュアブランドです。
マベル有限は東京都台東区に本社がある企業で、フィギュアや雑貨類を主な取扱商品としています。

フィギュアのラインナップはセクシー系の美少女フィギュアで、とりわけ18禁の指定を受ける過激なフィギュアが多いということで他のメーカーと差別化を図っています。

代表的なシリーズとしては「うさちゃん温泉」や「萌え仏シリーズ」などがあり、半裸や全裸、緊縛といった要素も取り入れているのが特徴です。

キャラクターものも扱わていますが、他のメーカーのようにアニメ化されている一般向け作品ではなく、主にエロゲーや青年コミックの人気キャラクターがモチーフになっています。

もちろん細部にまで渡って細かい作り込みがされており、キャラクターの持っている表情や特性を生かしつつも、そばに置いておくだけで妄想が膨らむようなシチュエーションフィギュアとして作られているというところも大きな特徴です。

代表作の一つに青年コミック「Sweethearts」の白鳥佳純のフィギュアがありますが、こちらは原作のコミック中表紙に使用されていた体操着姿がモチーフとなっています。

同じく「Sweethearts」の茜未緒と対になっており、いずれも通常版の他にパーツを入れ替えることで上着のまくりあげやブルマのキャストオフができるようになっているというこだわりの仕様です。

2つを並べてみると、イラスト同様に二人のキャラクターの表情や体型を忠実に再現していることがわかります。
ただの18禁フィギュアではなく、あくまでも原作を尊重してその上でしっかり細部まで作り込もうという姿勢に意気込みを感じます。

相当過激なものもあるので年齢制限を守って購入しましょう

レチェリーからリリースされているフィギュアは、他のメーカーが遠慮をして作らないような思い切ったシチュエーションで勝負しています。

そのため購入時に年齢確認が求められたり、店舗で購入する場合にエリアが区別されるということもあります。
また一人暮らしの男性でもなければ、なかなか自宅に飾るというのは難しいでしょう。

ただセクシーな衣装をしているものなら他にもありますが、レチェリーのものはそのものズバリ18禁なので好みが分かれるところではないでしょうか。

独自のシリーズものとしては2014年より販売している「Fairy Tale Figure Villains」があります。
こちらは童話世界のライバルキャラが美少女フィギュアとなってモデリングされたもので、第一弾の「毒林檎の魔女」は帽子やベルト、バッグなどをキャストオフできるという作り込みで話題になりました。