ボーカロイド・フィギュア

元々は合成による歌声を作るソフトだったが

ボーカロイドとは、ボカロという略称で呼ばれることも多いもので、ヤマハによって開発された、合成音を出すためのソフトのことです。
ソフトによって機械的に歌声を作り、それで楽曲をまとめて発表するようになります。

このように、ボーカロイドは元々人工的な歌声を作って音楽を提供するというのがメインでしたが、それに合わせたキャラクターを登場させることで、一気にフィギュア界にも影響が及ぶようになりました。

たくさんのキャラクターが存在しているのですが、とりわけ初音ミクの存在は圧倒的なものがあります。
初音ミクが登場する楽曲は、他をはるかにしのぐ人気を集めていて、フィギュアの世界でも相当のファンがいます。

バーチャルアイドルとして不動の地位を築く

アニメやフィギュアの世界では、現実には存在しないバーチャルアイドルがたくさんいます。
しかし、その中でも初音ミクの人気は頭1つ抜け出ていて、圧倒的な存在感を持っています。

初音ミクは未来のアイドルというコンセプトで2007年に登場しました。
クリプトン・フューチャー・メディアによって生み出されて、合成音声を持って歌を歌うアイドルとして活躍しています。
初音ミクの画像については、自由に使っても良いという画期的な権利条件が出されていますので、ファンを始めとする多くの人が、初音ミクを使って楽曲を発表しているなど、かなりの広がりを持っています。

つまり、1つの会社や制作者が初音ミクを作っているというよりも、ファン側が創作を行って成長させているということになります。
それだけ、ファンの意識に近いキャラクターということで、フィギュアも様々なタイプが出ています。

長いツインテールが目印のバーチャルアイドル

初音ミクは、見るとすぐにそれと分かるのが特徴で、フィギュアファンにはたまらない魅力を持っています。
オリジナルのフィギュアは、青緑色の髪で、足まで届くほどの長いツインテールを持っています。

バージョンによって少し変化が加えられることが多いのが、初音ミクの特徴の1つでもあり、髪の色が青や緑に傾くことがあります。
また、頭身比率を変えて漫画風のスタイルにしたフィギュアも人気があって、かわいらいしさが前面に出されています。

歌を歌うアイドルということで、いわゆるステージ衣装のバリエーションも多くて、選びがいがあるのも魅力の1つでしょうか。
こうしたアレンジが多いのは、単発キャラクターとしては重要なことで、同じ人物でもいろいろな魅力を出してくれます。

たくさんのキャラクターを売りにするアニメ作品とは違って、1つのキャラクターだけで熱烈なファンをつかんでいるのは、初音ミクの相当な存在感を表していると言えるでしょう。

 

ヱヴァンゲリヲン・フィギュア

コアなファンを抱えるヱヴァンゲリヲン

アニメやフィギュアは、それぞれの作品に熱烈なファンがいるものですが、中でもこのヱヴァンゲリヲンには、コアなファンがたくさんいるのがすごいところです。
人によって大きく評価が分かれるヱヴァンゲリヲンですが、ファンにとってはとても愛着のある作品で、中にはフィギュアはヱヴァンゲリヲンしか集めないという人もいるほどです。

テレビでの放映だけでなく、劇場での公開もされていますので、ストーリーやキャラクターにもバリエーションがあって、それぞれの好みに合った登場人物にであるのが魅力の1つです。
そして、なんと言っても他の作品とは一線を画す、圧倒的なキャラクター力がこのヱヴァンゲリヲンの魅力でしょう。

ロボットにも人間にも人気が集まる作品

ヱヴァンゲリヲンは、大きく分類するとロボットアニメということができるのでしょうが、ロボットだけに人気が集まるのではなく、人間の方にも高い人気が集まっているのが特徴です。
ガンダムシリーズもかなりの人気を保っている名作ですが、どうしてもロボットたちに注目が集まりがちです。
しかし、ヱヴァンゲリヲンの場合は、綾波レイを筆頭に、人間のキャラクターとロボットの人気が2分しているという珍しい作品なのです。

ロボットのセンスも素晴らしく、人間のスタイルに近いスマートな感じで、他のロボットアニメとは異なる魅力を持っています。
より現代的な雰囲気を醸し出していますので、ゴツゴツとしたロボットフィギュアはあまり好きではないという人でも、ヱヴァンゲリヲンのロボットフィギュアを気に入る人は多くいます。

全体的にクールなイメージが強いヱヴァンゲリヲンのフィギュアですので、イメージが統一されているのも、この作品が受け入れやすい理由かと思います。
かわいさを求めるのではなく、このクールな感じが他の作品とは違っていて、独自色があるため、ヱヴァンゲリヲンに走って、コレクションを増やしてしまうのも納得できます。

プレミアが付くフィギュアもある

海洋堂とコラボしたヱヴァンゲリヲンのフィギュアは、キャラクターの細部に至るまで再現されていて、かなりの質を持っています。
絶妙なポージングや、感動的なシーンを思い起こさせるような設定でフィギュアが作られていますので、コレクションの中でも存在感がありますね。

また、限定販売されているフィギュアもいくつもあって、人気が沸騰するものも少なくありません。
中には、プレミアが付いて買うのが難しく、高値が付けられるものもあります。
歴史がそんなにあるわけでないアニメにしては珍しいことで、それだけこのヱヴァンゲリヲンに熱烈なファンがいることを示しています。

仮面ライダー・フィギュア

ヒーローものの代表的な作品

特撮ものやアニメには、たくさんのヒーローが登場しますが、その中でも仮面ライダーは歴史が古く、代表的な存在だと言えるでしょう。
仮面ライダーがテレビで放映されるようになったのは、1971年のことですから、相当の歴史を持っている作品です。

その人気は衰えることがなく、バイクなどの装備や主人公のスタイルなどを変えて、今に至るまでシリーズが続いています。
それだけ、日本人の心に訴えるものがあって、ヒーローの代表格となっていることの証です。

もちろん、フィギュアの人気も高く、かなり早い段階から仮面ライダーのフィギュアが出されていました。
もちろん、昔はフィギュアという言葉もありませんでしたが、ゴムやビニール製の人形がたくさん販売されて、子どもたちを中心にヒットしていたのです。

コレクションしがいのある仮面ライダー・フィギュア

フィギュアを集める動機としてはいろいろなものがあると思いますが、歴史を持った仮面ライダーは、とてもコレクションしがいがあるシリーズでしょう。
古い貴重なフィギュアを集めることをメインにしている人も、初代仮面ライダーから始まって、昔のバージョンのものをコレクションする楽しみがあります。

また、最新シリーズの現代風の仮面ライダーを手にするのも楽しく、いろいろな装備やバイクをコレクションしていく楽しみもあります。
とにかく、選択肢がたくさんある作品ですので、それぞれの趣味に合った集め方ができるのがうれしいところですね。

そして、実際に販売されているフィギュアもかなり多いので、欲しいものが入りやすいというメリットも持っています。
細かなアイテムや歴代のバイクなども、かなりの確率で揃っていますので、探してみると気に入ったものが見つけられるでしょう。

(参考記事)
NAVERまとめ 仮面ライダー

子どもから大人まで楽しめるフィギュアシリーズ

もともと仮面ライダーは子どもに人気のある番組ですので、小さな子どももフィギュア集めができるという特徴を持っています。
大人は大人で、昔懐かしい古いシリーズの仮面ライダーフィギュアを集めて、子どもは今放映中の新しいシリーズのものを集めるといった、親子で楽しめるフィギュアなのです。

シリーズごとに結構な違いがあるのも、この仮面ライダーシリーズの特徴で、それぞれにファンが存在します。
同じ仮面ライダーフィギュアでも、好みがはっきりと分かれやすいところですので、どれを買おうか迷わずに、自分の好きな物を集められるのもいいですね。

幅広い世代に人気のある作品で、歴史を感じさせてくれます。
いろいろな楽しみ方ができるフィギュアばかりですので、いろんな人に受け入れられやすく、探しやすいのがポイントですね。

 

 

ワンピース・フィギュア

あらゆる要素が詰まったワンピースのキャラクターたち

大人も子どもからも大きな人気を呼んで、日本中に大フィーバーを巻き起こしたワンピースですが、フィギュアの世界でも高い人気があります。
というのも、ワンピースのキャラクターは、アニメにおけるすべての要素が詰まっていますので、誰でも好きになれるからです。

主人公のルフィーのように、強さやかっこよさを持っているキャラクターから、ナミのようにヒロイン的な女性もいます。
また、クールで強い登場人物もいれば、おどけた調子が楽しい三枚目的なキャラクターもいるのです。
そのため、どんな人にもお気に入りのキャラクターが見つかるというのが最大の魅力で、フィギュアを集める時にも、迷うことなくチョイスができます。

そして、どのキャラクターも他とは違う個性がある上、かわいらしさがどんなものにも入っているので、ついつい欲しくなってしまうフィギュアばかりなのです。
豊富なキャラクター設定がありますので、選択肢があって、コレクションしがいがあるのも、心をくすぐりますね。

長いシリーズならではのバリエーションがある

連載が長く続いたアニメのフィギュアに人気があるのは、それだけキャラクター力があるというのが主な理由ですが、バリエーションが豊富になるというのも大きな理由でしょう。
同じキャラクターでも、時を追うごとにいろいろな顔を見せてくれますし、アイテムや服などにも変化がでてくるものです。

そうした変化をフィギュアで楽しむことができるのがうれしいところです。
好きなキャラクターを、いろいろなバージョンで集めてみると、その魅力に一層気付くことができますので、こうしたコレクションの仕方もいいでしょう。

定番ものの主役級キャラクターを勢揃いさせるのも面白いのですが、ワンピースはサブキャラもユニークなものばかりですので、飾っておくと楽しいですね。
当たり外れが少ないのがワンピースフィギュアのいいところで、どのキャラクターも良い味を出しています。

フィギュアからも物語の良さを感じられる

ワンピースは、大人が読んでも感動して泣けるという言われるくらい、楽しく心に残るストーリーを持っています。
フィギュアでは通常、キャラクター自体の魅力を楽しむものですが、ワンピースフィギュアでは、いわゆる名場面と言われるシーンをモチーフにした商品が多いのが特徴です。

そのため、好きなシーンがあるなら、その場面を再現したフィギュアを探してみるという買い方もできます。
特にキャラクターを絞るのではなく、ストーリーに目を向けてシーンによってコレクションするというのも、ワンピースならではの楽しみ方ではないでしょうか。
このように、豊富で魅力的なキャラクター、素晴らしいストーリーを再現してくれるフィギュアが特徴のワンピースです。

始めまして

フィギュアに囲まれて籠り生活を送る

始めまして。
このブログをつづっている、フィギュア大好きの35歳、無職の男です。
無職ということで、あまりある時間を使って、フィギュアの情報を日々更新し、新しい作品が出たら欠かさずにチェックするという毎日を送っています。

フィギュアを店頭に見に行ったり買いに行ったりする以外は、基本的に部屋にこもっていて、常にフィギュアに囲まれています。
もはや自分でも何体のフィギュアがあるか分からないくらいで、カバーしているジャンルも、美少女系からロボット、アニメキャラクター、動物などのリアル系など、ほぼありとあらゆる分野となっています。

いろいろなキャラクターの種類や、フィギュアメーカーが世の中に存在していますが、日本、海外を問わず、良いものはなんでも受け入れています。
アメリカのアメコミや映画のキャラクターものも好きですし、当然日本のアニメや特撮もの、漫画キャラクターなどもコレクションしています。

もっとフィギュア用のスペースが欲しい

もう長いことフィギュアのコレクションをしていますし、どんどん新しい魅力的な商品が出ますので、際限なくコレクションが増えていっています。
そのため、最近ではフィギュアを置いておくスペースがなくなってきて、もっと場所を確保しなくてはと悩んでいます。

基本的に気に入ったフィギュアは、2体買って保管用と飾り用にしていますので、倍のスペースが必要になってしまうのです。
最近では、ミニキャラも出ていて、省スペース化を図っているフィギュアも多いのですが、やはり雰囲気や全体の完成度を見ると、少なくても1/6スケールのサイズは欲しいところで、どうしてもスペースが取られてしまいますね。

どんどんクオリティーが上がっているフィギュアの世界

自分がコレクションしているフィギュアの数々を見比べてみると、いかにフィギュアのクオリティーが全体的に上がっているかを感じることができます。
10年くらい前のものと今のものを比べると、素材自体が違うというのもありますが、触った感じや質感、ペイントの正確さなど、相当の差があります。

また、アクションフィギュアに関しても同じで、手の指まで自由に動かせるものまで出てきて、ほぼ生身の人間と変わらない動きやポージングができるというのには感心してしまいます。
シュールな動きを取らせて見たり、キャラクターに合わせてお気に入りのポーズを取らせたりして、楽しめますね。
新しいフィギュアの楽しみ方を開発してくれたのではないでしょうか。

このように、フィギュアに囲まれて過ごす日々ですが、毎日飽きることなく新しいフィギュアの情報を探しています。
その様子を皆さんにも知ってもらえればうれしいですね。

 

フィギュアの楽しみ方

基本的にフィギュアは二体買うようにしている

引きこもり生活をしながら、毎日フィギュアに囲まれて楽しい時間を過ごしています。
新しいフィギュアが出れば、欠かさずにチェックするようにしていますし、お気に入りのキャラクターのレアものが出れば、ちょっと無理してでもゲットしたいものです。

購入したフィギュアは、やっぱり部屋に飾って毎日眺めていたいですし、アクションフィギュアであれば、いろいろ動かして楽しみたいものですね。
それで、基本的にはフィギュアを買う時には、同じものを二体購入するようにしています。
一体は観賞用で、もう一体は保管用です。

フィギュアは外に出しておくと、どうしてもペイントなどが自然に傷んでくるものですし、アクションフィギュアなら遊んでいるうちに、可動部分がへたってきてしまいます。
そのため、常に良い状態を保てるように、保管用も必要なのです。

また、フィギュアは時が経つとプレミアが付いてきますし、ものによってはレア商品となって高値で取引されることもあります。
そんなことも見据えて、触らず箱からも出さない新品状態のものをストックするようにしているのです。

フィギュアの買い取りサービスを上手に使うようにしている

二体同じフィギュアを買うことで、次に欲しい商品が出た時に、保管用のものを売ってその資金にあてることができるようになります。
フィギュアの売買はかなり盛んに行われていますので、逆に儲けが出ることさえあります。

いつもインターネット上で、ショップごとの買い取り金額をチェックして、いい値段を付けてくれるところでうるようにしています。

(参考記事)
買い取り専門店「フリークス」

この「フリークス」はいつも利用しているフィギュア買い取り店で、他と比べても高く取引してくれるので大変ありがたい存在です。
やはり、相当な量のフィギュアがあって、売買も結構しているので、なじみのお店が1つでもあると楽でいいですね。

いったいコレクション全体でどれくらいの価値があるのか

フィギュアのマーケットは、他の世界とはちょっと違うようで、人気の差によって極端な値段の違いが見られます。
もともとの販売価格が2,000円くらいだったのに、プレミアが付くと一気に数十倍に跳ね上がって、5万円、6万円となることも珍しくありません。
そのため、フィギュアの売買をするときにはかなりアンテナを張っていないと、損をすることもありますね。

自分が持っているフィギュアのコレクションを眺めてみると、レアなものも結構ありますので、それなりの価値があると思います。
相当の数がありますので、全部でいったいどれくらいの価値になるのか見当も付きませんが、かなりの金額になるのは間違いないですね。